作家

【10選】西原理恵子の娘の暴露まとめ!ブログやTwitter内容が過激でヤバすぎた!

西原理恵子さんと娘さんの関係が話題になっています。

その理由は娘の鴨志田ひよさんが

西原理恵子さんとの日々を赤裸々に告白していることがわかったのです。

暴露の内容はかなり衝撃的なものでした。

今回は西原理恵子さんの娘さん・鴨志田ひよさんの暴露内容についてまとめました。

※本記事は鴨志田ひよさんの暴露内容をまとめただけで事実と断定する記事ではありません。誹謗中傷は絶対にやめましょう。

【10選】西原理恵子の娘の暴露まとめ!

西原理恵子さんの娘さんの暴露についてまとめました。

西原理恵子の娘・鴨志田ひよの基本プロフィール

まず西原理恵子さんの娘・鴨志田ひよさんについて

プロフィールでまとめました。

鴨志田ひよさんは2022年現在大学生のようです。

こちらの大学はAO入試で合格したようですので

都内の私立大学の可能性が高いですね。

などで日々の活動について発信されています。

そんな鴨志田ひよさんの暴露は全部で10個ほど。

  1. 書かないでと何度も言っても書き続けた
  2. 無断で個人情報を無断で掲載し、金儲けにつかわれた
  3. 無理やり二重整形の手術をうけさせる
  4. 醜形恐怖症に!?
  5. 娘にあばずれ・クソ女・ゴミなど暴言を浴びせる
  6. 精神科に行くと「児童相談所」に連絡するとまで言われていた
  7. 兄妹で差別がひどく、妹であるひよには厳しく接した
  8. 大学資金は出さないと脅し?
  9. ストレスでおねしょ
  10. ストレスでリスカ?

一つずつ見ていきましょう。

その1:書かないでと何度も言っても書き続けた

西原理恵子さんは「毎日かあさん」で

日々の家族の日常をリアルに描きかなり人気の作家となりました。

「毎日かあさん」などの著書から垣間見える家族感などから

共感を呼びファンもかなり多いようです。

しかし、娘や息子の幼少期のことや初潮を迎えたときのことなど

プライベートなことを書いたことで娘の鴨志田ひよさんは傷ついていたようです。

何度も描かないでと懇願して約束しては、

約束はすぐに破られてしまったというツイートがありました。

その2:無断で個人情報を無断で掲載し、金儲けにつかわれた

コンテンツとしてかなりプライベートな部分も描かれてしまったことも

暴露しています。

  • 無断で私の本名
  • 仕事歴
  • 外見
  • 精神病

をコンテンツにされたということが記載されていました。

家庭の方では、ハロスクール、の時に、無断で私の本名、仕事歴、外見、精神病をコンテンツとして扱い親が大儲けしていた。

https://archive.ph/PVKZx#selection-387.0-387.57

鴨志田ひよさんにとっては苦痛の連続だったのかもしれません。

その3:無理やり二重整形の手術をうけさせる

鴨志田ひよさんは12歳のときにブスだからという理由で

二重手術を受けさせられたそうです。

その際のデザインが気に入らなかったようで、

後で再度手術をして自分のことが好きになれたと綴られていました。

ただ、私にとって負の遺産でしかないことは、二重まぶたを作り直した時に立証された。

12歳の時ブスだからという理由で下手な二重にされ、後に自分で好きなデザインで話の会う先生に二重にしてもらったら、自分のことが好きでたまらなくなった。

たぶん、これが、普通の人がこの世に生を受けた瞬間から持ってる当たり前の感情なのだろう。

https://norokoro.hatenablog.com/entry/2021/09/15/手首

このブス発言については

鴨志田ひよさんを高校3年生のときに面倒をみていたマリカさんという作家の方も

暴露しています。

母親は娘におまえはブスだねえと毎日のように吐きつけていたんです。ご自分の整形前にそっくりな娘に対して。。と、娘は泣きながら私に訴えてきました。

とツイートがありましたが事実だとしたらかなり辛い出来事ですよね。

いとこのお姉さんに可愛くてしょうがなかったと言われたときには

西原理恵子さんは

そんなこと言ってくれるのあなただけですよ〜

と言っていたそうで、その一言にも傷ついていたことがわかります。

その4:醜形恐怖症に!?

ブスと言われ続けたり、整形の過去もあることから醜形恐怖症ということも告白していました。

その5:娘にあばずれ・クソ女・ゴミなど暴言を浴びせる

鴨志田ひよさんに西原理恵子さんは

あばずれ、クソ女、ヤリマン、ゴミ

 

などの激しい口調で罵っていたことも暴露されています。

「私にあばずれ、クソ女、ヤリマン、ゴミ、そんなふうに言ってたお母さんは私の個人情報をばらした上に私のメンタルを壊して、その、個人情報のせいで、バイト先に変なおじさんが来たり、学校でからかわれたりしたことはなかった事ってことでいいんですか?」
と伝えた
おじさんの隣に座るおばさんは、ずっと苦しそうな顔をしていた。
https://archive.ph/PVKZx#selection-511.0-519.30

 

 

その6:精神科に行くと「児童相談所」に連絡するとまで言われていた

プライベートが著書で公になっていたことで精神的に追い詰められていた

鴨志田ひよさん。

家庭環境のことを伝えると児童相談所に連絡すると言われたそうです。

しかし泣きながら止めて連絡は入らなかったといいます。

家庭の方では、ハロスクール、の時に、無断で私の本名、仕事歴、外見、精神病をコンテンツとして扱い親が大儲けしていた。リストカットの事は書かれていなかった。このころ、初めて精神科に行った、家庭環境を聞かれると直ぐに児童相談所に連絡しますと言われた、私はそんなことされたら殺されると思い、泣きながらやめてくれと懇願し、サインバルタをもらって帰った。

https://archive.ph/PVKZx#selection-387.0-399.9

その7:兄妹で差別がひどく、妹であるひよには厳しく接した

兄妹でも差別がひどかったのでは?

とネットでは噂されています。

しかしたまたま予定が合わなかった可能性もあり

これだけを見て、差別されていると断定することはできません。

その8:大学資金は出さないと脅し?

大学進学の際には資金援助をたたれていたことも

ツイートされていました。

マリカさんもこの件について触れています。

しかし、大学の入学金については払い込みをしていたそうです。

最初は学費も生活費も出さないと言っていたお母さんをほっといたらAOで受かった大学の入学金を、勝手に振り込んでいた、お母さんは本気で私のことを捨てる度胸がないからだ。

https://archive.ph/PVKZx#selection-571.0-571.82

娘の進学のことなので、

厳しいことをいいつつ、義務として払っていたのでしょうね。

その9:ストレスでおねしょ

鴨志田ひよさんはストレスもあり

18歳までおねしょを頻繁にしていたそうです。

しかし一人暮らしを始めてから、とまったそうで、精神的なものといわれていました。

実家にいる時、つまり18歳の時まで、頻繁におねしょをしていて。

いま、色々調べたり、本を読んだり、病院に言って、先生に聞いたりしたら、些細なストレスで寝てる時の神経が起きてしまって、人は、おねしょしてしまうらしい。

根本的なストレス治療を子供の時からして、また、恥ずかしいと思ってしまうその行為に親身に立ち会うことで幼少期に治すことが1番で、

思い返せば、小学1年生くらい時まで、おねしょが治らない私に、親はこまって、ただ、布団を濡らさない、ということを1番に、私に紙おむつを履かせた。
https://norokoro.hatenablog.com/entry/2022/04/28/おねしょ

その10:ストレスでリスカ?

ストレスでリスカしていたこともわかっています。

三学期の家にいる期間、毎日、過呼吸や手首がズタボロになるまで何かと罵られていたが、そこんとこは病気特有の能が忘れさせてくれていて覚えていない。

https://archive.ph/PVKZx#selection-575.0-579.54

あとは手首だ。長い歴史、たくさん私を支えてくれた手首。この手首があと少しだけ、弱くあと数ミリでも、静脈が太かったり表面に近かったりしたら、いま、私はいないだろう。
https://norokoro.hatenablog.com/entry/2021/09/15/手首

鴨志田ひよさんにとっては、かなり大変な幼少期をすごしていたようですが

西原理恵子さん側からのコメントなどがないため

真実かどうかについて断定することができません。

※本記事は鴨志田ひよさんの暴露内容をまとめただけで事実と断定する記事ではありません。誹謗中傷は絶対にやめましょう。

error: Content is protected !!