女優

【特定】芦田愛菜の高校は偏差値77の慶應義塾!勉強方法5選がすごい!

芦田愛菜

女優の芦田愛菜さんですが

女優業だけでなく学力もすごいと話題になっています。

今回は芦田愛菜さんの高校や

偏差値77の高校に入るまでの勉強方法についてまとめました。

【特定】芦田愛菜の高校は偏差値77の慶應義塾女子高等学校!

芦田愛菜

芦田愛菜さんが通っている高校は

偏差値77の慶應義塾女子高等学校ということがわかりました。

慶應義塾女子高校は、東京都港区三田にある高校で普通科のみのコースです。

英語以外にもドイツ語やスペイン語が選択可能で

慶應義塾大学へエスカレーター式で進学することができます。

大学進学実績はほぼ100%というすごい実績。

そして留学制度も充実しているなど私立として環境がかなり整った学校といえます。

向井千秋さんや勝間和代さんも卒業生で、

社会で活躍されている女性が多いことがわかりますね。

学校名 慶應義塾女子高等学校
ふりがな けいおうぎじゅくじょしこうとうがっこう
学科 普通科(76)
TEL 03-5427-1674

芦田愛菜さんは2020年4月に入学、

そして2022年は高校3年生です。

芦田愛菜さんは偏差値77の慶應義塾女子高校でもトップクラスの成績で

慶應義塾大学の医学部進学も内定しているという報道もありました。

女優の芦田愛菜が、来年から慶応大学医学部に進学することが内定したという。彼女は今、付属の慶応女子高3年生。医学部は他学部とは違い、慶応女子からは5人前後しか進学できないらしく、内部進学でも超狭き門だという。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12311-1646297/

事務所やご本人からのコメントがないので信憑性は微妙です。

しかし報道内容では来年3月から慶應大学医学部に進学が内定したそうです。

医学部に進学できるのは、

  • 慶應義塾女子からは5人前後
  • 内部進学だとしても成績が8.5以上ないと進学は難しい
  • 一部ではオール10の成績を収める勢いでやらないと進学ができない

という優秀な成績の学生しか進学はできないようです。

進学ができないと言われているほどなので、本当に狭き門なのでしょうね。

芦田愛菜の高校での勉強方法5選とは?

芦田愛菜

気になるのは芦田愛菜さんの勉強法についてですよね。

2022年現在高校生活の中での勉強方法については明らかになっていませんが

中学受験では芦田愛菜さんの勉強方法が話題になりました。

  1. NN勉強法とは?
  2. 読書量が半端ない!
  3. 父親の指導方法がすごい
  4. 母親の指導方法がすごい
  5. 1日12時間も勉強していた!

という5つの勉強方法が話題になったのです。

一つずつ見ていきましょう。

その1:NN勉強法とは?

まず、一つ目にNN勉強法という勉強方法が話題になりました。

NN勉強法の芦田愛菜
NN勉強法とは
  • 早稲田アカデミーが提唱する勉強法
  • NNとは何が何でも志望校に合格するという何がなんでもから頭文字をとったもの
  • 志望校の出題傾向を徹底的に対策し、第一志望の高校合格を目指す

ということで早稲田アカデミーNNコースの勉強方法のようです。

芦田愛菜さんは中学受験のときにこのコースに在学していました。

NN勉強法のいいところは

私立難関中学校はその入試傾向や形式がまったく異なっており

NN勉強法は志望校の入試形式に注目してひたすらその勉強をする

を徹底しているところです。

NN勉強法をすることで実力以上のパフォーマンスをして

合格することを目標にしています。

その2:読書量が半端ない!

制服姿の芦田愛菜

芦田愛菜さんは読書量もすごい量の読書量をしていることがわかりました。

芦田愛菜さんといえば

幼少期から読書が大好きだった

と公言しており、芦田愛菜さんの読書量は

  • 1ヶ月に60冊(最大)
  • 年間180冊
  • 小学校低学年で300冊

など一般の人よりもはるかに多い読書をこなしてきたそうです。

本付きは話題になり、芦田愛菜さんは

まなの本棚

という芦田愛菜さんがおすすめの本を紹介する著書も出版しました。

芦田愛菜さんは幼少期から

  • 両親が読み聞かせをしてくれた
  • 図書館に定期的に通っていた

という環境にいたそうです。

本は歯磨きやお風呂に入るなどの

日常のルーティンと一緒ということで生活の一部だったようですね。

その3:父親の指導方法がすごい

芦田愛菜

芦田愛菜さんはお父さんが勉強にかなり関わっていたそうです。

芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行の支店長をされているという情報もあり

お父さんも優秀な銀行員ということがわかりますね。

お父さんがかなりの読書家で、芦田愛菜さんが何かに興味を持つたびに

答えやヒントになる本を選んでさりげなく手渡ししていた

というエピソードがありました。

  • 小さい頃から本に親しんでいた
  • 周りの大人が読書を常にしていた

という環境にいたということで

今の芦田愛菜さんの読書好きに繋がっているのでしょうね。

その4:母親の指導方法がすごい

芦田愛菜さんの母親も芦田愛菜さんの学習にかなり深く関わっていたことがわかっています。

芦田愛菜さんの家庭には黒板があって

毎日わからない漢字や問題を書いていたというエピソードがありました。

芦田愛菜さんはその問題がわかるまで練習をしており

学校でわからなかったことを着実に復習して理解する

という習慣をつけていたといいます。

家に黒板があるってなかなかないですよね。

家庭では読書をする、

勉強をするなどの環境がしっかり整っていたことがわかります。

その5:1日12時間も勉強していた!

幼少期と成長した芦田愛菜

中学受験の時には1日12時間も勉強していたことがわかっています。

昨年夏から芸能活動を抑え、1日12時間の勉強をしていたらしい。合格したのが超難関といわれる学校だったということで、評判になった。

https://www.sankei.com/article/20170215-P2HA3VZSZJK2PMIKWT6M2FOB5A/

子役として芸能活動も忙しかった芦田愛菜さん。

小学6年性の頃には芸能活動を抑えて1日12時間の猛勉強をしていたことが報道されました。

難関校を受験する小学生にとって

中学受験は3、4年生からするのが定番だそうで、

芦田愛菜さんは芸能活動と両立をしていたことがわかります。

過去の努力が今の芦田愛菜さんにつながっているのでしょうね。

error: Content is protected !!